拙者は酒場に来てまず腹ごしらえにオーダーをした。


やはり冒険者にとって肉は重宝される。

満たされた拙者は仲間を探しに声をかけていったのだが

こ・・・言葉が通じない。

かろうじて「ハロー」だけは理解しつつある拙者。

仲間探しは諦めて装備を探しに町を散策する。

拙者は伝説の装備級が売ってるであろう鍛冶屋を発見。


すごい装備品が売っているではないか!ここで一式を揃えよう!

っと思った矢先、ラスボス手前の装備屋みたいな金額の為買えないではないか。拙者は指をくわえながら装備屋を後にした。

さすがに時間も遅くなってきたため

宿屋を探す事にした。


拙者「おぉ!なんか聞いたことあるような宿屋ではないか!今日はここでセーブをして寝よう。」

続く